初診/カウンセリング

¥1,000

初診.jpg

まず通常の病院のように問診表の項目に従って、カウンセリングを行います。

問診だけではなく、舌苔、顔色、触診など、様々な角度から患者さんの症状を判断し、治療法を検討するとのこと。
治療院を訪れる患者さんの顔色、姿勢など様子を見ることから診断は始まっているそうです。

はり治療

¥3,000

はり写真.jpg

ハリ・コリが気になっていたので、肩・首を中心に鍼治療を受けることに。

うつ伏せで診療台に横になります。
施術の際はタオルなどで患部以外の肌を隠しておこなうため、若い女性でも安心との印象をうけました。

施術を受ける時の服装としては、女性はキャミソールなど、治療する患部が出ている格好が望ましいそうです。

治療の前は、「鍼=痛い」というイメージでしたが、実際は、「刺しますよ」と声をかけてくださった後、チクッという感じすらも殆どないほど。
何本か施術の途中で、ほんの少しチクッとする箇所はあったものの、最後まで、「痛い」と感じたことはありませんでした。 本当に、今までの「針治療」のイメージが大きく変わった瞬間でした。

鍼治療の後は、刺した鍼に電流を流してツボを刺激。

「振動を感じたら教えてくださいね」という声からまもなく「トントン」と微かな振動を感じました。

吸玉(すいだま)治療

¥500~

すいだま写真.jpg

背中のコリに、興味のあった「吸玉」で治療をしてもらうことにしました。

ガラスでできた「吸玉」は、卵くらいのものから握りこぶしぐらいのものまで、大小様々な大きさのものがあり、使う身体の部位でわけるそうです。

そして緊張した部位の筋肉を強制的に広げる作用があるそうです。

先生が、あっという間に吸玉の中に火をかざして背中におくと、「ギュー」と背中の皮膚が吸われる強い感覚が! 熱さや痛みはさほど感じないのですが、すごい「吸引感」でした。

先生いわく、痕が気になる女性の患者さんもいらっしゃるので、ご希望を聞いてから施術するそうです。

お灸治療

¥500~

きゅう写真.jpg

お灸は3~5mm程のとても小さなもの。 火をつけると、リラックスできる香りが立ち込めました。

熱さもちょうどよく、ゆったりとした温かさ感じました。また、温灸は、患部に20分くらい置いて治療するそうです。

​グアシャ・棒灸 その他治療手法

¥500~

棒きゅう写真.jpg

水牛の角で作られたヘラで経絡に沿って老廃物を流す、中国の伝統的な療法「グアシャ」、棒状のお灸を差し込む温熱療法の「棒灸」を体験しました。

棒灸は四十肩、五十肩など、急性の痛みを緩和させることにとても効果的とのことです。

​マイ鍼(個人専用)

¥2,000~

専用はり.jpg

鍼治療で使用するのは0.22mmの非常に細い専用鍼。 見ためは、髪の毛をちょっと太くしたような感じです。

​個人専用のはりをご希望なお客様はぜひお申し出ください。