17 大学教授の体験談

劉先生の治療を受けて

                           2014年12月7日 59歳男性

 最初にお世話になってから半年ほど通わせていただきました。おかげさまでいまは通い始めたときに比べて大変回復しました。とても感謝しています。

 私は今年4月末に顔面神経麻痺にかかりました。当初は何が起ったのかわたらず大変戸惑いました。突然右の顔面が動かなくなったのですから無理もありまえん。病院でMIR等の検査をした後、顔面神経麻痺(いわゆるベル麻痺)と診断されました。急性期の治療はステロイド剤による消炎という対症療法で、あとはメチコバールというビタミンB12を主成分とする末梢神経障害の治療薬が処方されます。2週間から1ケ月程度で基本的に急性期の治療は終了し、そこからが回復に向けた本格的な期間になるのですが、実はここから先、西洋医学ではやれることはほとんどなく、ほぼ無力になるということがわかりました。

  末梢神経再生されるのを待ちながらリハビリをするということにナrのですが、そう簡単に顔面の神経も筋肉の動きも戻っては来ません。不安に駆られて1か月後から情報を集め、鍼灸が有効だということがわかりました。まず職場の近くの某鍼灸院に通い始めましたが、1か月経ってもほとんど回復してくる実感がありませんでした。ちょうどその時知り合いの方から劉先生を紹介され、発症約2か月後中国鍼灸院で治療を始めました。

 時間が経過していたために、劉先生には治療するにはある程度時間がかかるが徐々に回復すると言われ、通わせていただきました。治療1か月を過ぎる頃からこれまで動かなかった眉毛が上下するようになり、2,3ケ月で徐々に頬や口の動きが戻るようになりました。その後少しずつ神経や筋肉の動きが回復し、全くできなかった瞬き、麻痺側の片目の開閉も4か月かけてできるようになりました。気にしていた表情も、当初は左右非対称なところがありましたが、見た目にはわからないほどになりました。年齢のこともあり、100%元に戻るのは難しいかもしれませんが、先生に言われた通り90%程度までは回復しそうです。

 劉先生は鍼灸だけでなく、中国で内科医師としての経験をお持ちで、西洋医学では手が届かない顔面神経麻痺の治療も可能にされました。西洋医学と東洋医学両方を理解して治療していただけます。鍼灸院といってもすげてが効果的であるとは限りません。それぞれの鍼灸院でかなり技術差があると思います。劉先生の治療は間違いなく効きました。先生はとても気さくな人柄で安心して治療に通うことができました。とても感謝しています。もし、顔面神経麻痺で困っている方がおられたら、是非劉先生に相談してみてください。きっと回復に希望が持てると思います。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからのコメント 須崎健太 2022.04.19 急な肩こり・頭痛を機に通院を始めました。 初診時のカウンセリング、問診を受けたところ、以前から患っていたうつ病が根本的な要因であるとされ、鍼治療を受けました。 2週間ほどの集中治療を受けたところ、本当に肩こり等だけではなく気分の沈み込みなども抑えられ、長年悩まされてきた症状の改善が見られたことに驚いてます。 病院

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからの口コミ Haruna Shirayama 1 件のレビュー 4 時間前新規 寝れないくらい腕の痛みが酷く、知人の紹介で行きました。鍼2回目で大分痛みが和らぎました。先生もとても優しくて親切でした^ ^

はじめて お伺いしたのは膝の痛みでした。一度めの治療の次の日にはとても膝がかるくなり階段をおりるのが楽になりました。他に更年期障害もありその不調でお世話になったこともあります。病院だと膝は膝 更年期は婦人科といろいろ分けて行かなくてはいけませんが鍼灸は全体をみてくださるのがとてもありがたいです。