7回で顔面神経麻痺を改善 2016年08月30日

49歳の男性患者さんは、7月25日に脳腫瘍のため脳手術した、手術中が右顔面神経を損傷したの原因で、右顔面神経麻痺なりました。病院の先生は患者さんに半年ぐらいで症状が回復すると言われました。

  患者さんは自分の症状が心配なので、8月19日から本院で鍼灸治療しました。検査見ると、右眼裂が広くなり、目は閉じることが不能、右額紋消失、唇が歪んでいる、口笛吹きができなくなり。電気針をしました、28日まで7回を治療しました、症状が大変良くなり、目が閉じることができました、歪んだ唇が大体水平になり、口笛を吹くことができました。病院の先生は:そんな早く良くなることがびっくりしましたと患者さんから言われました。

  顔面神経麻痺は常見病で、原発性と継発性に別れる。基本的表現はいろいろな原因で顔面神経を炎症が起こす、急性に一側の顔が麻痺になり、前顔部のしわ寄せや閉眼ができず、また口笛吹きができなくなるなど顔面筋の筋力の低下を見る。西洋医学では急性期に副腎皮質ステロイド投入により炎症を抑える、回復する期待する。

  鍼灸治療が顔面神経麻痺に素晴らしい効果あることが臨床で証明されます。治療するのが早ければ早いほど良い効果ができます。顔面神経麻痺に悩んでいる方に速く治療するのがお勧めます。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからのコメント 須崎健太 2022.04.19 急な肩こり・頭痛を機に通院を始めました。 初診時のカウンセリング、問診を受けたところ、以前から患っていたうつ病が根本的な要因であるとされ、鍼治療を受けました。 2週間ほどの集中治療を受けたところ、本当に肩こり等だけではなく気分の沈み込みなども抑えられ、長年悩まされてきた症状の改善が見られたことに驚いてます。 病院

76歳の女性患者さんは、60歳からうつになり、頭が重くてすっきりしない、体は怠い、やる気がでない、熟睡はできない、食欲低下などの症状がありました、16年間は心療内科が通う、抗うつ剤、安定剤、眠剤などを飲み続けてました、辛い毎日でした。 3月20日に本院に来ました、今日は4回目です。診療室に入りましたら「先生、ありがとうございます。3回の治療で、頭がすっきりして、体は軽くなり、熟睡はできます、食事は

患者さんからのコメント 先生こんにちは! 左の背筋は完全に良くなり、左をかばって少し痛かった右の臀部も問題なくなりました。今は、どんな姿勢も大丈夫で、階段も一段飛ばしで駆けあがれます。本当にありがとうございます! 鍼灸治療は、おうちの整理整頓に似ている感じがします。 <知らずに放置して不要物や汚れが滞る → その部屋の機能が落ちる → 整理整頓して不要物を捨て、壁紙や家具を修理する → 部屋の機能