top of page

顔面神経麻痺の驚異的な鍼灸治療

神経麻痺とは主に神経の損傷、炎症、圧迫などによって引き起こされた神経伝導が絶えた状態をいう。

 種類を大別すると、脳や脊髄に何らかの病変があって起こる中枢性神経麻痺と、そこから出ている末梢神経に問題がある末梢神経麻痺に分けられる。

 こうした神経麻痺を引き起こす要因は実に様々で、外傷性、感染性、脳卒中、免疫性、腫瘍圧迫などが挙げられます。

 障害部位によって、周囲性顔面神経麻痺、脳卒中性半身不随、脊髄損傷による下肢の不自由など様々な症状が現れます。

 鍼灸治療が神経麻痺に効果あることは証明された事実。東洋医学理論では、針と灸の刺激によって人体経絡経気の巡りがスムーズになり、血液循環がよくなって人体の自然治癒力を高めると考えられている。

  顔面神経麻痺にも大変よい効果があります、発病後1週間以内に治療を行うと有効率は90%以上、1ヶ月以内だと70%以上になる、治療開始時間は早期であればあるほど治癒率は上がる。

 中枢神経麻痺にも、症状および機能の改善、回復、さらに筋肉萎縮の防止に役立つ。

  30代の男性が朝起きたら、左顔面は不自由になり、眼裂も広くなり、ベル麻痺が診断した、すぐ針治療を開始しました、10日間完治した。50代の女性は左顔面神経麻痺5年なりました、左顔面がいつもこり感じで、頬部も痙攣があります、いろいろな治療をしましたが、なかなかよい効果が出なっかた、病院先生の紹介で今年3月から鍼灸治療が始まりました、1週間持続治療したら、顔面痙攣が止まりました、眼裂も回復した、遠い地方からなので、今は週1回ペースで治療してます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

患者さんからのコメント

高校生なのですが、2ヶ月ほど頭痛や倦怠感、吐き気などの自律神経の乱れから来る症状に悩んでいました。 2週間 毎日通い、症状がとても軽くなりました。また、生理痛が酷いのでそちらの治療もしていただくと、以前よりも痛みが軽減し、痛み止めの薬を飲む回数も減りました。 これからも 同じ症状を繰り返さないように定期的に通いたいと思っています。 先生は冗談が好きな、お茶目で面白い方です!

2回治療で味覚障害が治りました

40代女性患者さんは、9月下旬にコロナウイルス感染した、その後は味覚障害と臭覚障害になり、味と匂いがわからなくなり辛い毎日でした。10月5日から本院で鍼灸治療が始まりました。今日は3回目です、今朝は診療室に入りましたら、笑顔で『先生、味覚障害が治りました、味がわかりました、ご飯は美味しく感じました、そんなに早く回復のが想像できなかった。ありがとうございます。』と言われました。 コロナ後遺症という味

コロナウイルス感染後遺症患者さんからのコメント

嗅覚障害、味がしない症状で通院しました。 8回通い、少しずつ改善していきました。最後には消毒用アルコールの匂いがハッキリわかるようになりました。 あと、大腿骨のあたりに鈍痛があったときに針で1回で痛みがなくなりました。 二胡のBGMが流れていて癒やされます。

bottom of page