top of page

顎関節症に悩んでいるですか

咀嚼(そしゃく)物を噛むことしたり、口を開閉する際に、咀嚼筋(あごを動かす筋肉)に痛みや違和感を感じる咀嚼筋群の機能障害と、顎関節(がくかんせつ)の痛みや雑音を伴う可動制限を総称して顎関節症と呼びます。これらは、単独で症状を現す場合もありますが、多くは両者が混在した病状を呈します。

  70代女性患者さんは、数年前から顎関節症に悩んでいる、食事も話も辛いでした。歯医者に数年間治療しましたが、効果はあまり良くない現実です。3日前から鍼灸治療が始まり、今日は来た時:先生、顎関節の痛みは大部軽くなりました、食事も楽になり、嬉しいです、ありがとうございます。もし早くわかったらいいのにと言いました。

  顎関節症は沢山の方は悩んでいると思います、普通はみなさんは歯医者さんに治療している現実です。実際は鍼灸治療は素晴らしい治療効果あることは臨床で証明しています。顎関節症に悩んでいる方に鍼灸治療をお勧めます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

患者さんからのコメント

高校生なのですが、2ヶ月ほど頭痛や倦怠感、吐き気などの自律神経の乱れから来る症状に悩んでいました。 2週間 毎日通い、症状がとても軽くなりました。また、生理痛が酷いのでそちらの治療もしていただくと、以前よりも痛みが軽減し、痛み止めの薬を飲む回数も減りました。 これからも 同じ症状を繰り返さないように定期的に通いたいと思っています。 先生は冗談が好きな、お茶目で面白い方です!

2回治療で味覚障害が治りました

40代女性患者さんは、9月下旬にコロナウイルス感染した、その後は味覚障害と臭覚障害になり、味と匂いがわからなくなり辛い毎日でした。10月5日から本院で鍼灸治療が始まりました。今日は3回目です、今朝は診療室に入りましたら、笑顔で『先生、味覚障害が治りました、味がわかりました、ご飯は美味しく感じました、そんなに早く回復のが想像できなかった。ありがとうございます。』と言われました。 コロナ後遺症という味

コロナウイルス感染後遺症患者さんからのコメント

嗅覚障害、味がしない症状で通院しました。 8回通い、少しずつ改善していきました。最後には消毒用アルコールの匂いがハッキリわかるようになりました。 あと、大腿骨のあたりに鈍痛があったときに針で1回で痛みがなくなりました。 二胡のBGMが流れていて癒やされます。

Kommentare


bottom of page