顎関節症に悩んでいるですか

咀嚼(そしゃく)物を噛むことしたり、口を開閉する際に、咀嚼筋(あごを動かす筋肉)に痛みや違和感を感じる咀嚼筋群の機能障害と、顎関節(がくかんせつ)の痛みや雑音を伴う可動制限を総称して顎関節症と呼びます。これらは、単独で症状を現す場合もありますが、多くは両者が混在した病状を呈します。

  70代女性患者さんは、数年前から顎関節症に悩んでいる、食事も話も辛いでした。歯医者に数年間治療しましたが、効果はあまり良くない現実です。3日前から鍼灸治療が始まり、今日は来た時:先生、顎関節の痛みは大部軽くなりました、食事も楽になり、嬉しいです、ありがとうございます。もし早くわかったらいいのにと言いました。

  顎関節症は沢山の方は悩んでいると思います、普通はみなさんは歯医者さんに治療している現実です。実際は鍼灸治療は素晴らしい治療効果あることは臨床で証明しています。顎関節症に悩んでいる方に鍼灸治療をお勧めます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

yama 02 1 件のレビュー 17 時間前新規 神経難病で通院しています。 歩く時のふらつきや、多少のろれつの回らない状態でしたが、 3回目位から言葉もかなりはっきり話せるようになりました。 歩行もだいぶスムーズになり 本当に感謝しています。 先生はとても親身になってくれて 信頼出来る鍼灸だと思います。

いた 1 時間前新規 ギックリ腰で伺いました。 清潔な店内で、気さくな先生に針、電気治療を施術いただきました。 伺う前は靴を履くのも辛かったですが、終了後、帰る際には痛みが取れていました。本当に有難うございました。

3回の治療で膝関節症を治りました 71歳の女性患者さんは、7月初めから左膝関節が痛くなり、歩くことは辛い、特に階段登る、降りるあるいは立ち上がる時は、痛くて辛い毎日でした。7月23日から本院で針灸治療始まりました、当日の治療が終わりましたら、すぐ膝の痛みが軽くなったと感じました。今日は4回目の治療で、診療室に入りましたら:「先生、膝の痛みはなくなりました、平常に歩けるようになりました、誠にありがと