頚腕症候群に高い治療効果

パソコン業務の普及に伴い、肩や首の凝り、手、指のしびれといった症状が出る職業性の「頚腕症候群」が増えている。

 外科的に診断できる病気もあるが、X線やMIRの画像診断で、頚椎骨変形、椎間孔縮小などが見られることもあります。

 多くは炎症や神経の変性でもないので、身体疾患であるにも関わらず、客観的判断を出すのが難しいとされている。重度になると不眠、食欲不振など、自律神経失調症にも

似た症状を起こす怖い障害でもある。

  米国では大きな問題になっており、日本でも詳しいデータないが、発症者は10数万いるのではと見られているのだ。

  この「頚腕症候群」に有効な治療としては整形外科医も注目しているのが鍼灸治療である。

 頚部の過労、外傷、寒冷の刺激、頚部の変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群などによって頚部神経の圧迫と刺激で症状が起きる。進行すると筋力低下、筋萎縮、知覚障害をきたす事もあります。人間の自然治癒力はつよいので、鍼灸によっていろんな症状に対症することができるです。

 軽い症状が出た時点で、早期に治療を施すと早く治癒する可能性がある。実際、頚椎のヘルニアで手術しかないと診断された看護師が当院の鍼灸治療で手術をしなくてもいい状態まで回復になりました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからのコメント 須崎健太 2022.04.19 急な肩こり・頭痛を機に通院を始めました。 初診時のカウンセリング、問診を受けたところ、以前から患っていたうつ病が根本的な要因であるとされ、鍼治療を受けました。 2週間ほどの集中治療を受けたところ、本当に肩こり等だけではなく気分の沈み込みなども抑えられ、長年悩まされてきた症状の改善が見られたことに驚いてます。 病院

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからの口コミ Haruna Shirayama 1 件のレビュー 4 時間前新規 寝れないくらい腕の痛みが酷く、知人の紹介で行きました。鍼2回目で大分痛みが和らぎました。先生もとても優しくて親切でした^ ^

76歳の女性患者さんは、60歳からうつになり、頭が重くてすっきりしない、体は怠い、やる気がでない、熟睡はできない、食欲低下などの症状がありました、16年間は心療内科が通う、抗うつ剤、安定剤、眠剤などを飲み続けてました、辛い毎日でした。 3月20日に本院に来ました、今日は4回目です。診療室に入りましたら「先生、ありがとうございます。3回の治療で、頭がすっきりして、体は軽くなり、熟睡はできます、食事は