難病。慢性リウマチの痛みから解放

慢性関節リウマチというのは、関節とその周囲軟部組織の疼痛を伴う、結合組織の炎症性疾患である。

 主な特徴として朝の手足のこわばり(朝の起床時に関節が痛んでこわばり、手指がはれぼったく動かしにくくなる)が見られる。

 肘,膝、手関節、足首に多発し、熱や痛みと共に関節が腫れるなどして次第に運動障害を伴うようになってくる。進行すると関節の骨と骨が愈着したり変形して動かせなくなる。

 検査では慢性リウマチ定型のX線像、凝集反応の陽性、血沈の亢進などの現象が現れます、原因は不明で免疫異常の関与が大きいのではと考えられている。

 東洋医学では、慢性リウマチは「痺症」に属している。症状によって「行痺」、「着痺」、「熱痺」で分類されます。原因は風、湿、寒の邪が合弁して経絡を冒していると考えられます。

 慢性関節リウマチは世界の難病で、特効の治療法はほとんど確立されておらず、普通は対症的に治療をするしかない。

 鍼灸では主として経絡がスムーズに流れるよう”通則不痛”を目的とした治療を行う。これにより、血液やリンパ液の循環が良くなり、腫脹が消退、痛みの軽減、強直と変性が抑制されるのである

  関節リウマチ診断された20年、腰痛、腰椎3,4番変形、両膝、両手首、足首腫脹変形で苦しんできた50代の女性は、2年前から針灸治療を受け、今では痛さは大変軽減、関節の腫れもなくなりました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからのコメント 須崎健太 2022.04.19 急な肩こり・頭痛を機に通院を始めました。 初診時のカウンセリング、問診を受けたところ、以前から患っていたうつ病が根本的な要因であるとされ、鍼治療を受けました。 2週間ほどの集中治療を受けたところ、本当に肩こり等だけではなく気分の沈み込みなども抑えられ、長年悩まされてきた症状の改善が見られたことに驚いてます。 病院

76歳の女性患者さんは、60歳からうつになり、頭が重くてすっきりしない、体は怠い、やる気がでない、熟睡はできない、食欲低下などの症状がありました、16年間は心療内科が通う、抗うつ剤、安定剤、眠剤などを飲み続けてました、辛い毎日でした。 3月20日に本院に来ました、今日は4回目です。診療室に入りましたら「先生、ありがとうございます。3回の治療で、頭がすっきりして、体は軽くなり、熟睡はできます、食事は

患者さんからのコメント 先生こんにちは! 左の背筋は完全に良くなり、左をかばって少し痛かった右の臀部も問題なくなりました。今は、どんな姿勢も大丈夫で、階段も一段飛ばしで駆けあがれます。本当にありがとうございます! 鍼灸治療は、おうちの整理整頓に似ている感じがします。 <知らずに放置して不要物や汚れが滞る → その部屋の機能が落ちる → 整理整頓して不要物を捨て、壁紙や家具を修理する → 部屋の機能