脊椎管狭窄症は手術しなくでも治ります

脊椎管狭窄症は脊椎管周辺の骨や軟部組織の肥厚によって脊椎管が狭くなり、馬尾神経の圧迫症状を起きるものという、中年男性に多い。

  症状としては腰痛があり、動作により増強し、安静により軽快する。特に歩行時の疼痛は歩行を中止して屈みこんだり、前かがみで休むと軽快する。座骨神経痛を生ずる、下肢は痛くて重い。凄く辛い病状です。

  西洋医学医学では鎮痛薬や塗り薬で治療するのが普通です、効果が良くないの場合は手術する。でも手術しでも痛みが軽減しないのも大勢の患者さんはいることは現実です。

  鍼灸治療は脊椎管狭窄症に素晴らしい効果あるのが臨床で証明してます。今まで治療した沢山の患者さん手術しなくでも痛みが止めるのができます。

  60代男性患者さんは3ヶ月前から、腰から足にかけて痛くで100mしか歩けなかった、11月下旬頃から鍼灸治療始まりました、20回の治療を受けて、歩くのは普通になりました、足の腫れの痛みがなくなり、すごく嬉しいと言われました。

  沢山の方は脊椎管狭窄症の辛さに悩んでいると思います。鍼灸治療をお勧めます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

yama 02 1 件のレビュー 17 時間前新規 神経難病で通院しています。 歩く時のふらつきや、多少のろれつの回らない状態でしたが、 3回目位から言葉もかなりはっきり話せるようになりました。 歩行もだいぶスムーズになり 本当に感謝しています。 先生はとても親身になってくれて 信頼出来る鍼灸だと思います。

いた 1 時間前新規 ギックリ腰で伺いました。 清潔な店内で、気さくな先生に針、電気治療を施術いただきました。 伺う前は靴を履くのも辛かったですが、終了後、帰る際には痛みが取れていました。本当に有難うございました。

3回の治療で膝関節症を治りました 71歳の女性患者さんは、7月初めから左膝関節が痛くなり、歩くことは辛い、特に階段登る、降りるあるいは立ち上がる時は、痛くて辛い毎日でした。7月23日から本院で針灸治療始まりました、当日の治療が終わりましたら、すぐ膝の痛みが軽くなったと感じました。今日は4回目の治療で、診療室に入りましたら:「先生、膝の痛みはなくなりました、平常に歩けるようになりました、誠にありがと