top of page

精神科医は薬を使わず自分のうつを治る方法 2017年09月26日

精神科医は薬を使わず自分のうつを治る方法

最近は、河出書房新社出版した「自分のうつを治した精神科医の方法」と言う小説を読みました。小説の作者は医科大学卒業して精神科医です。医科大学卒業して病院で一年間研修して精神科医なった医者は、仕事を忙しくて睡眠が十分に取れず、生活リズームは崩して、毎日緊張している。子供時から家庭などのストレスも貯めいる、徐々に体がだるくなり、頭はスッキリしない、集中力は低下して、うつ病になりました。初めは先輩医者は処方した安定剤、抗鬱剤を飲みましたが、症状が軽くなりませんでした。仕事は上手く行けないでした。

 これからずっと薬を飲むといけないと認識しました、鍼灸治療や温熱療法、磁気療法などの自然治癒力を向上させる自律神経免疫療法して、徐々に薬をやめて元気に戻りました。

 作者の結論にとしては鬱は薬が治りません、「僕は、薬を使わない精神科医から、自律神経免疫療法の医師へとフイールドを広げていっています。一人でも多くの人が、病気を手放し、幸せになろのは、僕自身の幸せです。」と言うでした

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

患者さんからのコメント

高校生なのですが、2ヶ月ほど頭痛や倦怠感、吐き気などの自律神経の乱れから来る症状に悩んでいました。 2週間 毎日通い、症状がとても軽くなりました。また、生理痛が酷いのでそちらの治療もしていただくと、以前よりも痛みが軽減し、痛み止めの薬を飲む回数も減りました。 これからも 同じ症状を繰り返さないように定期的に通いたいと思っています。 先生は冗談が好きな、お茶目で面白い方です!

2回治療で味覚障害が治りました

40代女性患者さんは、9月下旬にコロナウイルス感染した、その後は味覚障害と臭覚障害になり、味と匂いがわからなくなり辛い毎日でした。10月5日から本院で鍼灸治療が始まりました。今日は3回目です、今朝は診療室に入りましたら、笑顔で『先生、味覚障害が治りました、味がわかりました、ご飯は美味しく感じました、そんなに早く回復のが想像できなかった。ありがとうございます。』と言われました。 コロナ後遺症という味

コロナウイルス感染後遺症患者さんからのコメント

嗅覚障害、味がしない症状で通院しました。 8回通い、少しずつ改善していきました。最後には消毒用アルコールの匂いがハッキリわかるようになりました。 あと、大腿骨のあたりに鈍痛があったときに針で1回で痛みがなくなりました。 二胡のBGMが流れていて癒やされます。

Comments


bottom of page