精神科医は薬を使わず自分のうつを治る方法 2017年09月26日

精神科医は薬を使わず自分のうつを治る方法

最近は、河出書房新社出版した「自分のうつを治した精神科医の方法」と言う小説を読みました。小説の作者は医科大学卒業して精神科医です。医科大学卒業して病院で一年間研修して精神科医なった医者は、仕事を忙しくて睡眠が十分に取れず、生活リズームは崩して、毎日緊張している。子供時から家庭などのストレスも貯めいる、徐々に体がだるくなり、頭はスッキリしない、集中力は低下して、うつ病になりました。初めは先輩医者は処方した安定剤、抗鬱剤を飲みましたが、症状が軽くなりませんでした。仕事は上手く行けないでした。

 これからずっと薬を飲むといけないと認識しました、鍼灸治療や温熱療法、磁気療法などの自然治癒力を向上させる自律神経免疫療法して、徐々に薬をやめて元気に戻りました。

 作者の結論にとしては鬱は薬が治りません、「僕は、薬を使わない精神科医から、自律神経免疫療法の医師へとフイールドを広げていっています。一人でも多くの人が、病気を手放し、幸せになろのは、僕自身の幸せです。」と言うでした

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

yama 02 1 件のレビュー 17 時間前新規 神経難病で通院しています。 歩く時のふらつきや、多少のろれつの回らない状態でしたが、 3回目位から言葉もかなりはっきり話せるようになりました。 歩行もだいぶスムーズになり 本当に感謝しています。 先生はとても親身になってくれて 信頼出来る鍼灸だと思います。

いた 1 時間前新規 ギックリ腰で伺いました。 清潔な店内で、気さくな先生に針、電気治療を施術いただきました。 伺う前は靴を履くのも辛かったですが、終了後、帰る際には痛みが取れていました。本当に有難うございました。

3回の治療で膝関節症を治りました 71歳の女性患者さんは、7月初めから左膝関節が痛くなり、歩くことは辛い、特に階段登る、降りるあるいは立ち上がる時は、痛くて辛い毎日でした。7月23日から本院で針灸治療始まりました、当日の治療が終わりましたら、すぐ膝の痛みが軽くなったと感じました。今日は4回目の治療で、診療室に入りましたら:「先生、膝の痛みはなくなりました、平常に歩けるようになりました、誠にありがと