変形性頸椎症2回の治療で症状が輕減しました 2017年12月16日

変形性頸椎症2回の治療で症状が輕減しました

 変形性頚椎症はみなさんが良くわかるように 、主に中高年者に好発する疾患

 頚椎症は、椎間板(椎体と椎体の間にあってクッションの役割をしている)の退行変性、椎体骨の辺縁に骨棘(棘上の突起)が形成されるなどによって、脊髄から出て肩や腕にいく神経(神経根)が圧迫、刺激を受ける疾患です。

 頚椎は胸椎や腰椎に比べると、椎体は小さいですが可動性が大きく、前屈、後屈、側屈だけではなく左右に回旋するなど運動も多様で、しかも日常的に頻繁に動かすため、頸椎の可動性を担う椎間板は退行変性しやすいのです。

 骨棘が形成されても、まったく症状があらわれない場合もありますが、骨棘が形成されることで神経根や脊髄が圧迫され、頸部の痛み、肩のこり、上肢への放散痛、上肢のしびれなどの症状を引き起こす場合が多いです。

進行すると、上肢の運動障害、歩行障害なども引き起こすことがあります。

 50代女性患者さんは半年前から首から指にかけて痛くてしびれが出てきました、特に朝起きたら、指先がしびれて力が入れないです、病院で検査して変形性頚椎症を診断され、鎮痛剤と湿布を処方されましたが症状が変わらないでした、辛い毎日でした。

  12月13日から本院で鍼灸治療が始まりました、検査すると首と腕が圧痛があり、側頸部押すと上肢にかけて指先までしびれがあります、首が回す時も上肢が痛みがあります、変形性頚椎症診断して鍼灸治療がしました。第一回目の治療が終わりましたら首の痛みが軽くなったと言われました。私は:臨床経験を見ると、続けて治療の場合は大体10日間ぐらいで症状が大分軽くなると患者さんにお勧めしました。今日は3回目の治療で、午後患者さんは診療室に入ったら、:「先生、首の痛みが大変よくなりました、朝は指先のしびれもなくなりました、そんな早く効果が出るのはびっくりした、誠にありがとうございます。」と言われました。2回の治療で症状が軽くなるのが私も嬉しかったです

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからのコメント 須崎健太 2022.04.19 急な肩こり・頭痛を機に通院を始めました。 初診時のカウンセリング、問診を受けたところ、以前から患っていたうつ病が根本的な要因であるとされ、鍼治療を受けました。 2週間ほどの集中治療を受けたところ、本当に肩こり等だけではなく気分の沈み込みなども抑えられ、長年悩まされてきた症状の改善が見られたことに驚いてます。 病院

76歳の女性患者さんは、60歳からうつになり、頭が重くてすっきりしない、体は怠い、やる気がでない、熟睡はできない、食欲低下などの症状がありました、16年間は心療内科が通う、抗うつ剤、安定剤、眠剤などを飲み続けてました、辛い毎日でした。 3月20日に本院に来ました、今日は4回目です。診療室に入りましたら「先生、ありがとうございます。3回の治療で、頭がすっきりして、体は軽くなり、熟睡はできます、食事は

患者さんからのコメント 先生こんにちは! 左の背筋は完全に良くなり、左をかばって少し痛かった右の臀部も問題なくなりました。今は、どんな姿勢も大丈夫で、階段も一段飛ばしで駆けあがれます。本当にありがとうございます! 鍼灸治療は、おうちの整理整頓に似ている感じがします。 <知らずに放置して不要物や汚れが滞る → その部屋の機能が落ちる → 整理整頓して不要物を捨て、壁紙や家具を修理する → 部屋の機能