副作用の心配なく不眠症治療

不眠というのは、健全な睡眠が障害される状態をいう。こうした不眠で集中力がない、だるい、疲れる、肩こり、腰が痛と悩んでいる人は実に多い。日本人の60%近くが不眠症と思いこんでいるとの説もあるほどでした。

 しかしながら、不眠を訴える人の中には、睡眠しているにもかかわらず不眠を訴えるケース(偽りの不眠)もあり、実際に覚醒して不眠を訴える(真の不眠)場合とは区別しなければいけない。

  前者は自己の睡眠量をことさら過小評価しているもので、神経症性睡眠に多く見られる。治療法としては一般に安定剤や睡眠導入剤を処方されることが多い。しかし、こうした薬を長期間服用したり、多用することは、さまざまな副作用の恐れや、さらには、薬による依存性不眠症に陥る可能性すらある。

  東洋医学では、不眠の症状によって弁証的に心脾両虚型、陰虚火旺型、湿痰積滞型に分類している。

  心脾両虚型では主として多夢、健忘、めまい、疲れる、などの症状が現れます。陰虚火旺型は、多夢、難眠、耳鳴り、途中覚醒が見られる。湿痰積滞型は腹、胸脹満、便秘、などが主な症状である。

  これらの治療としては、主に手少陰心経、手厥陰心包経、足少陰腎経、足太陰脾経に取穴し、自律神経の機能を調節し安定させる。多くの患者は一週間ぐらい治療すると睡眠時間が延長するようになります、治療中にも寝ってしまう患者も珍しくないです。

特に鍼灸治療は副作用がないので、絶対に不眠の方におすすめたいです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからのコメント 須崎健太 2022.04.19 急な肩こり・頭痛を機に通院を始めました。 初診時のカウンセリング、問診を受けたところ、以前から患っていたうつ病が根本的な要因であるとされ、鍼治療を受けました。 2週間ほどの集中治療を受けたところ、本当に肩こり等だけではなく気分の沈み込みなども抑えられ、長年悩まされてきた症状の改善が見られたことに驚いてます。 病院

76歳の女性患者さんは、60歳からうつになり、頭が重くてすっきりしない、体は怠い、やる気がでない、熟睡はできない、食欲低下などの症状がありました、16年間は心療内科が通う、抗うつ剤、安定剤、眠剤などを飲み続けてました、辛い毎日でした。 3月20日に本院に来ました、今日は4回目です。診療室に入りましたら「先生、ありがとうございます。3回の治療で、頭がすっきりして、体は軽くなり、熟睡はできます、食事は

患者さんからのコメント 先生こんにちは! 左の背筋は完全に良くなり、左をかばって少し痛かった右の臀部も問題なくなりました。今は、どんな姿勢も大丈夫で、階段も一段飛ばしで駆けあがれます。本当にありがとうございます! 鍼灸治療は、おうちの整理整頓に似ている感じがします。 <知らずに放置して不要物や汚れが滞る → その部屋の機能が落ちる → 整理整頓して不要物を捨て、壁紙や家具を修理する → 部屋の機能