パーキンソン病よい効果鍼灸治療

パーキンソン病は、中脳の黒質にあるメラニン細胞の変性萎縮と大脳基底核の病変により四肢振戦、筋硬直、寡動、姿勢調節障害を生ずる疾患である、中年以降に発症する。原因はまだ不明です。震顫、寡動、筋硬直が三大主症で、進行すると表情のかたい仮面様顔貌となり、起立時体が前に傾き腰の折れた前傾前曲姿勢となる、歩行は小刻みで歩幅が狭く、時に速度が増やし、前傾姿勢が強くなり突進現象を生ずる。

  パーキンソン病は難病で、西洋医学でも、東洋医学でも完治する方法がないのは現状です、ただ鍼灸治療で、四肢震顫を止め、筋肉で硬さの軽減、歩行姿勢の調節よくなるのが可能です。

  60歳の男性、去年12月にパーキンソン病を診断され、薬を飲み続くされましたが、症状がだんだんに悪くなり、両手が震顫で字も書かなくなりました。友人の紹介で6月26日に鍼灸治療を頼まれました、一週間の持続治療で四肢の震顫がとまりました、歩くも正常になりました。患者さんは:”鍼灸治療の効果が不思議です、早くわかったらよっかたのに”笑顔で言われた、本当に私もうれしかった。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「神様の手」と患者さんから言われました 50代の男性患者さんは、今朝はギックリ腰になり、腰が痛くて痛くて、中腰ままで動かないでした。友人の紹介で午後は本院に来ました。 検査結果、両側の腰筋が硬くて痛い、腰から足にかけて軽い痺れもありました、第2番第3番の腰椎のところに圧痛がある。20分間電気鍼が治療する後、スムーズに治療台から起きれました、腰もますっぐにできました、痛みも大変軽くなりました。 患者

yama 02 1 件のレビュー 17 時間前新規 神経難病で通院しています。 歩く時のふらつきや、多少のろれつの回らない状態でしたが、 3回目位から言葉もかなりはっきり話せるようになりました。 歩行もだいぶスムーズになり 本当に感謝しています。 先生はとても親身になってくれて 信頼出来る鍼灸だと思います。

いた 1 時間前新規 ギックリ腰で伺いました。 清潔な店内で、気さくな先生に針、電気治療を施術いただきました。 伺う前は靴を履くのも辛かったですが、終了後、帰る際には痛みが取れていました。本当に有難うございました。