パーキンソン病よい効果鍼灸治療

パーキンソン病は、中脳の黒質にあるメラニン細胞の変性萎縮と大脳基底核の病変により四肢振戦、筋硬直、寡動、姿勢調節障害を生ずる疾患である、中年以降に発症する。原因はまだ不明です。震顫、寡動、筋硬直が三大主症で、進行すると表情のかたい仮面様顔貌となり、起立時体が前に傾き腰の折れた前傾前曲姿勢となる、歩行は小刻みで歩幅が狭く、時に速度が増やし、前傾姿勢が強くなり突進現象を生ずる。

  パーキンソン病は難病で、西洋医学でも、東洋医学でも完治する方法がないのは現状です、ただ鍼灸治療で、四肢震顫を止め、筋肉で硬さの軽減、歩行姿勢の調節よくなるのが可能です。

  60歳の男性、去年12月にパーキンソン病を診断され、薬を飲み続くされましたが、症状がだんだんに悪くなり、両手が震顫で字も書かなくなりました。友人の紹介で6月26日に鍼灸治療を頼まれました、一週間の持続治療で四肢の震顫がとまりました、歩くも正常になりました。患者さんは:”鍼灸治療の効果が不思議です、早くわかったらよっかたのに”笑顔で言われた、本当に私もうれしかった。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからのコメント 須崎健太 2022.04.19 急な肩こり・頭痛を機に通院を始めました。 初診時のカウンセリング、問診を受けたところ、以前から患っていたうつ病が根本的な要因であるとされ、鍼治療を受けました。 2週間ほどの集中治療を受けたところ、本当に肩こり等だけではなく気分の沈み込みなども抑えられ、長年悩まされてきた症状の改善が見られたことに驚いてます。 病院

76歳の女性患者さんは、60歳からうつになり、頭が重くてすっきりしない、体は怠い、やる気がでない、熟睡はできない、食欲低下などの症状がありました、16年間は心療内科が通う、抗うつ剤、安定剤、眠剤などを飲み続けてました、辛い毎日でした。 3月20日に本院に来ました、今日は4回目です。診療室に入りましたら「先生、ありがとうございます。3回の治療で、頭がすっきりして、体は軽くなり、熟睡はできます、食事は

患者さんからのコメント 先生こんにちは! 左の背筋は完全に良くなり、左をかばって少し痛かった右の臀部も問題なくなりました。今は、どんな姿勢も大丈夫で、階段も一段飛ばしで駆けあがれます。本当にありがとうございます! 鍼灸治療は、おうちの整理整頓に似ている感じがします。 <知らずに放置して不要物や汚れが滞る → その部屋の機能が落ちる → 整理整頓して不要物を捨て、壁紙や家具を修理する → 部屋の機能