ギランバレー症候群にも効く鍼灸治療

ギラン・バレー症候群(ギラン・バレーしょうこうぐん、英: Guillain-Barré syndrome)は、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる病気である。重症の場合、中枢神経障害性の呼吸不全を来し、この場合には一時的に気管切開や人工呼吸器を要するが、予後はそれほど悪くない。日本では特定疾患に認定された指定難病である。

 45歳の男性患者さんは、2年前病院でギラン・バレー症候群を診断され、入院で治療しました後、上肢が振戦、上挙無力、顔が無表情、いつも顔は強い重くて突っ張る感じ、脚も弱くて歩くのが不安定でした。

  2月21日から本院で鍼灸治療が始まりました。当日の治療が終わりましたら、顔はすぐ軽く様になりました。今日は6回目です、患者さんは:2年ぶりの笑顔がちょっと出て来ました、昨日はお風呂の掃除ができました、家族全員は嬉しかった、歩くも速く歩けるになりました、鍼灸治療は素晴らしいです、すごく嬉しいと言われました。

  ギラン・バレーという病気が治るのは難しくて時間がかかると思いますが、治療効果に見ると、症状を改善することが絶対に可能すると思います。頑張ります。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GOOGLEマップ中國鍼灸院に患者さんからのコメント 須崎健太 2022.04.19 急な肩こり・頭痛を機に通院を始めました。 初診時のカウンセリング、問診を受けたところ、以前から患っていたうつ病が根本的な要因であるとされ、鍼治療を受けました。 2週間ほどの集中治療を受けたところ、本当に肩こり等だけではなく気分の沈み込みなども抑えられ、長年悩まされてきた症状の改善が見られたことに驚いてます。 病院

76歳の女性患者さんは、60歳からうつになり、頭が重くてすっきりしない、体は怠い、やる気がでない、熟睡はできない、食欲低下などの症状がありました、16年間は心療内科が通う、抗うつ剤、安定剤、眠剤などを飲み続けてました、辛い毎日でした。 3月20日に本院に来ました、今日は4回目です。診療室に入りましたら「先生、ありがとうございます。3回の治療で、頭がすっきりして、体は軽くなり、熟睡はできます、食事は

患者さんからのコメント 先生こんにちは! 左の背筋は完全に良くなり、左をかばって少し痛かった右の臀部も問題なくなりました。今は、どんな姿勢も大丈夫で、階段も一段飛ばしで駆けあがれます。本当にありがとうございます! 鍼灸治療は、おうちの整理整頓に似ている感じがします。 <知らずに放置して不要物や汚れが滞る → その部屋の機能が落ちる → 整理整頓して不要物を捨て、壁紙や家具を修理する → 部屋の機能